ホーム  >  台東区・センチュリー21東洋の不動産売却コラム  >  不動産売却のお役立ち情報コラム  >  不動産売却における仲介手数料!実際の内容と注意点について

不動産売却における仲介手数料!実際の内容と注意点について
カテゴリ:不動産売却のお役立ち情報コラム

今回は台東区で不動産売却を考えている方に向けて、「不動産売却時の仲介手数料」についてご紹介していきます。

 

この手数料に含まれる実際の業務内容や、注意点についてもみていきましょう。


 

不動産売却における仲介手数料!実際の内容とは?

仲介手数料とは実際のところ、不動産を売却するための活動に対する成功報酬をいいます。

 

では「手数料」には、具体的にどんな費用が含まれているのでしょうか。

 

まずは、売却の準備に関わる費用です。

 

準備には物件の査定や売り出し価格の提案、物件資料の作成、広告作成などが含まれます。

 

次に、売却活動に関わる費用です。

 

たとえば広告の成果や問い合わせの報告、購入希望者の窓口対応、また物件下見の日程調整や現地案内などがあります。

 

さらに売却のサポートに関する費用も含まれており、ここには売買条件の交渉や契約書の作成、決済と引き渡しのフォローなどが含まれています。

 

なお測量や建物の解体、荷物の保管やゴミの廃棄などについては、別途費用が発生する場合もありますので注意しましょう。

 

この仲介手数料は、法律で上限額が定められています。

 

計算式は、200万円以下の取引額の場合「取引額×5%+消費税」で、200万円~400万円なら「取引額×4%+2万円+消費税」です。

 

400万円を超える場合は「取引額×3%+6万円+消費税」となります。

 

仲介手数料の支払いは、売買契約成立以降のタイミングです。

 

一般的には売買契約時に半額を支払い、引き渡しのときに残りの半分を支払うようになっています。

 

支払いのタイミングについては、事前に会社と確認しておくと良いでしょう。

 

また仲介手数料は、安くなるように交渉できる可能性があります。

 

もし不動産の市場価値が高いと判断できる場合、値引き交渉をしてみても良いかもしれません。

 

不動産売却における仲介手数料が安い場合の注意点

次に仲介手数料が半額とアピールされているなど、安い場合についてご紹介していきましょう。

 

売主からすると、安い手数料は魅力的に感じます。

 

しかしサービスの質が悪い可能性もあるため、一概に安ければ良いというわけではありません。

 

売却に関わるサービスの質が悪いと、売主にとって満足できる結果にならないこともありえます。

 

そのため手数料の安さだけで選ぶのではなく、どんな仲介会社なのかをじっくり比較して検討し、見極めることが必須です。

 

業務内容がきちんと示されているかをチェックし、気になる点がある場合には事前に質問しておきましょう。

 

まとめ

不動産の売却における、仲介手数料についてご紹介しました。

 

どのような手数料か理解したうえで、支払いができるようにしたいですね。

 

また安さだけで会社選びをせず、内容を見極めてから決断すると良いでしょう。

不動産の売却を検討中の方がいましたら、私たち東洋株式会社までお気軽にご相談ください!

ページの上部へ